« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/10/19

リスクマネジメント

久々に怪我について考えてみた。

かつて僕は毎年カナダに行く度に怪我をしていた。今思えば、日本で体験できないテクニカルかつスケールの大きなコースに対応し切れずにクラッシュし怪我をしていたのだろう。しかし、いつしかライディングスキルが向上しマージンを残しながらも攻める走りを覚え、ほとんど怪我をする事がなくなった。

このスポーツには怪我は付き物。どんなに慎重に走っていても運悪く怪我をする事だってある。そんなスポーツだからこそ、長く楽しむためには怪我をしない走りを身に付けるべきだと思う。では怪我をしない走りをする為にはどうすればいいか。それはライディングスキルを上げる事。自分の思い通りに自由に曲がれて、自分の思い通りに減速が出来て、自分の思い通りにジャンプが出来る事。それらが身に付けば怪我のリスクは大幅に減らす事が出来るのだ。僕はそれを身を持って覚えた。

僕が主催しているフリーライドクリニックは一般的なスクールではあまり教えられる事がない、ジャンプやドロップオフを含めた内容のスクールを展開している。それはジャンプやドロップオフを楽しんでもらう為と言う事はもちろんだけど、それと同時にそれらのスキルを身に付ける事によって自然に怪我を回避する能力を身に付けてもらいたいと言う考えもある。ジャンプやドロップオフなど縦の動きで怪我をする人のほとんどは、飛ばされたり、弾かれたりと、バイクが自分では予期せぬ動きをした結果、タイヤのグリップを失って転倒するパターンがほとんど。フリーライドクリニックで加重と抜重の技術を覚える事によって、飛ばされるのではなく自分の意思でジャンプやドロップオフを飛べるようになるのだ。この状態が怪我のリスクが少ない状態だと言えるのだと思う。

怪我を少なくする為にはコースも重要だ。安全に曲がれる為のコーナーや安全に飛べる為のジャンプやドロップが必要である。残念ながら日本には限りなく少ない。それに気づいている人間さえほとんどいない。それらの事が網羅されている代表的なコースと言えばウィスラーバイクパークである。ほぼすべてのコーナーには横滑りを食い止め転倒を防ぐ大きなバームが設置され、ジャンプやドロップには転んでも力が逃げる様に大きなバックサイドがあるのだ。日本にはそのようなコースはほとんど無いのが現状で、造れる人材も不足している。海外のコースは単純に走って楽しいと言うことばかりではなく、いかに安全に楽しめるかと言うことも考えられている。まあそうでもしないと怪我人が多すぎてそのスポーツ自体が成り立たなくなってしまうので色々と試行錯誤があったのだろう。バームやジャンプやドロップは走って楽しめるのはもちろんの事だが。日本の常設コースでの怪我の問題も、その辺を見直す必要があるのではないだろうか。ちなみに僕が管理しているCSCのMTBコースは僕の経験を生かし万全を尽している。

僕自身今までの怪我歴をぶっちゃけちゃうと、右橈骨遠位端部骨折、頚椎圧迫骨折、手根骨開排脱臼(オペあり)、中足骨開排脱臼(オペあり)、肩鎖関節脱臼(オペあり)、4回の鎖骨骨折(オペあり)、前距腓靭帯損傷、踵腓靭帯損傷と、まあ僕以上に怪我歴のある人にお目に掛かった事が無い。そんな怪我の経験もあって、僕は3年間学校に通い国家試験に合格し柔道整復師と言う「接骨師」の免許を取得した。怪我について徹底的に勉強する事でその予防や原因を探れるのではないかと思ったし、このスポーツで怪我をする人が少しでも減ればとの思いもあったからだ。ちなみに骨折と脱臼の整復(骨を元に戻す事)がその場で出来るのは柔道整復師と医師だけである。

僕は先日怪我をしてしまったけど、これはバックフリップと言う特殊な技をやっていた時の事で、プロとして極限の状態で練習をしていた時の事。決して怪我の恐れのある危険な事を推奨している訳ではない。フリーライドと言うすばらしいジャンルを広めると同時に怪我のリスクや予防もこれからも説いて行きたいと思う。これが出来るのはひょっとしたら僕だけかもしれないから。

と言うわけでMTBは特別危険なスポーツではなく、ある程度のスキルを身に付け、適切な心構えとヘルメットやプロテクター等の怪我の予防を万全にすれば安全に楽しめます。怪我をしてからでは遅いので十分な予防対策が大切なんですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/10/15

久々痛い

今年下半期で最大に楽しみにしていたイベントであるJAGAROUNDが1週間前に終わりました。元COVEBIKESのJD SwanguenとスロープスタイラーのAndrew Taylorが来日し、今話題の福井和泉で開催されるイベントだけに、プロフリーライダーを謳っている自分としては行かないわけにはいかないっしょ!って事でしたが、出発前日の練習でクラッシュし負傷して行けませんでした。距離のある台でのバックフリップに失敗しローテーション不足でフロントから刺さり肩を強打。久々にポッキリ折りましたよ。去年のクランクワークスでセメナックが鎖骨折った時と全く同じコケ方でしたね。その日は前日の雨の影響で路面と飛び面が柔らかくスピードが乗らない厳しいコンディションだったんです。でもそんな悪いコンディションの中でメイクすることで、イベント当日に自信を持って飛べるという事と、ATとJDに見劣りしないパフォーマンスを発揮する為に、その日は敢えて攻めたのです。まあ結果的にクラッシュしましたが怪我をしたことに対して全く悔いは無いので気持ちを切り替えるしかないですね。自分の中でしっかり集中して攻めた結果の事。でもおかげでデカイ距離のバックフリップの踏み切りの感覚が前より細かい運動動作のレベルで分っちゃいました。失敗の中にも収穫あり。骨が付いたらまた絶対やるぜ。あ~でもイベントは行きたかったな~。

自分はフリーライダーなのでレーサーのようにシーズンと言うものがなく、雪の降らない場所をベースに通年で活動しているので、長い事オフシーズンが無い生活をしていました。CSCに来てからは、さらにバタバタ忙しい日々が続いていたのでちょっと一休みですかね。2ヶ月もすれば回復するので12月のフリーライドクリニックから活動を再開しようと思います。それまでちょっと骨休めって事で。フリーライドクリニックのお客様、CSCに走りに来られる方、大変ご迷惑をおかけします!

今回の鎖骨骨折は典型的な横骨折で保存的療法の選択もありましたが、僕は観血的療法を選びました。過去に僕は鎖骨を2度折っているのでかなり変形治癒していてちゃんと癒合するか心配だった事と、鎖骨と言う骨は「肩甲上腕リズム」との関係上、日常生活の中で非常に転位しやすい骨なので、確実に1日でも早い復帰を目指す為にと言うのがオペを選んだ理由です。

自分は30オーバーのおっさんですが、ライダーとしてやっていける体力は十分にあるし、フリーライドで重要な経験値と言うものがあるので、モチベーション高くまだまだ攻め続けますよ。若いやつらに負けてられんですわ。

よしとりあえず、CSCのトレーニングジムにある酸素カプセル入りまくっちゃうかな♪

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011/10/06

近況

久々の更新ですね。バタバタしてました。今日は1ヶ月以上ぶりの休みでしょうか。カナダから帰って来ても休む暇なくマウンテンバイクに情熱を注ぎ続けてます。先月は平日休日問わず、フリーライドクリニックを行いまくりました。受講者の方達がもの凄く上達されているのでうれしいかぎり。特にバームでのコーナリングやジャンプが上達されている方が多く、みなさん楽しみながら練習されています。マウンテンバイクは山の中で自然を感じながら楽しむ事が醍醐味のスポーツですが、個人的にはコーリングやジャンプもマウンテンバイクの醍醐味だと思うんです。縦と横の動きのコンビネーション。これですよ。これらの技術が上がれば走りの楽しみも味わえて、さらにマウンテンバイクの可能性が広がりますからね。

その他毎日CSCで業務をこなしつつ来年に向けて色々と動き出しています。今は詳しく言及出来ませんが自分の理想を求めつつ日本のマウンテンバイカーの為に頑張りますよ。

先日はマーシーの住む伊那へ行って来ました。午前中はマーシーが手がけるスウィートなトレイルを案内してもらい午後はフィールドについて色々と実りのある話が聞けました。マーシーありがとう!マーシーのトレイルガイドはある意味日本唯一の公認トレイルを走れます。そしてコースも景色もガイドもすばらしい。とにかく一度行ってみてください。

今度の日曜はJAGAROUNDへ行ってきます。僕は日曜のダートジャンプだけのエントリーで日帰りですが。ATとJDがジャンプのディグをしてくれているみたいで当日が楽しみですね~。日本でも海外のスロープスタイル級のセクションを飛びたいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »