« 鹿屋市霧島ヶ丘公園MTBパーク造成  | トップページ | »

2018/05/14

MAGURAブレーキ

今シーズンよりMAGURAブレーキをサポートしていただける事になりました。

Fullsizeoutput_121a

去年はTRPブレーキを使わせていただいていてとても満足していたのですが、国内代理店が変わった事により大人の事情で新たにブレーキを探す事になったのが去年の秋。
そんな時にメカサポートでお世話になっている風魔横浜店のちら山さん(村山さん)のお勧めでMGURAの付いたバイクに乗せてもらったところ、非常に良い印象だったのでMAGURAを紹介してもらえる事になりました。
MAGURAと言えばドイツ製で歴史のあるブレーキメーカーという事で当然昔から知っていましたが、それまでなかなか触る機会もなくスルーしていましたがまさか自分が使う機会に恵まれるなんて。
去年使っていたTRPは非常にコントラーブルで効きも申し分なくレバーの形状なんかも気に入っていました。それに比べてMAGURAの性能はどの様なものかワクワクしながら、インストールした後にトレイルに行ってみました。
使ってみた感想は期待を裏切らない性能で、それどころか嬉しくて思わずニヤケてしまうほどでした。なんでかって言うと、今までに経験した事がないくらい抜群にコントラーブルだったのです。
レバーを軽く引けば軽く減速出来て、強く引けばガツンと止まる。引けば引いた分だけ減速出来て、それが直感的に調整できるんです。細かい領域の話をすると、指の動きとピストンの動きが完全にシンクロする感覚。
某ブレーキなんかだと、引き加減とストップパワーに誤差が出て、それほど効かせていないつもりが急にガクンと効きだしたりと、そのブレーキの特性を掴みながら操作しないといけませんが、MAGURAは感覚に任せて操作出来ます。
特にMAGURAの効果を感じた場所は滑りやすい長い急斜面。ピーキーな性格のブレーキだとすぐに車輪がロックしてしまう様な場所でも、MAGURAはロックさせないギリギリのスイートスポットでコントロールできるんです。だから結果的に腕上がりしにくくなるので、ライディングに集中できるんですね。特に初中級者はブレーキコントロールの時に車輪をロックさせがちですが、MAGURAを使えば上級者の様にロックギリギリの領域を使う事が出来るかもしれません。僕の常連さんでも早速MAGURAに換えた方が数人いて、どの方も楽になったと言っているのでほぼ間違いないでしょう。
どんなレベルのレーサーにもゲレンデライダーにもトレイルライダーにも本当にお勧めできるブレーキですね。

Img_8209_2

エンデューロバイクであるRMB SLAYERはMAGURA MT7にワンフィンガー用のHC3レバーの組み合わせ。

Img_8210_2

ワンピース4ポッドキャリパー。パッドの当たりが絶妙で非常にコントローラブル。

Img_0666

ジャンプバイクであるCHROMAG MONKにはMT6にワンフィンガーレバーの組み合わせ。引きしろとパッドの当たりを調整可能。

Img_0665

こちらは2ポッド。クロスカントリーやエンデューロの後輪用に最適なモデルです。

|

« 鹿屋市霧島ヶ丘公園MTBパーク造成  | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70613/66719144

この記事へのトラックバック一覧です: MAGURAブレーキ:

« 鹿屋市霧島ヶ丘公園MTBパーク造成  | トップページ | »