« 2019年 FOX FLOAT X2 | トップページ | MAGURAブレーキ »

2018/09/12

Onyxハブのインプレッション

Unknown8

ウィスラー出張の直前から使わせていただいているOnyxハブ。あまり聞き慣れないブランドかもしれませんがアメリカではファンの間で絶大な信頼を得ているブランドで何人ものトップBMXレーサーが愛用しています。なぜBMXレーサーに人気があるかというと、ゼロノッチのその機構。MTBにも様々なメリットがあるんです。

 
通常のハブはペダリング時にトルクが掛かる時、フリー内部に組み込まれた爪がスプリングの力で引っ掛かってホイールを回転させています。そしてペダリングを止めると爪は引っかかりが無くなりますが、常にフリーに接しているのでハブが回転する時に抵抗になります。後輪を空中で回してみるとラチェットの音が抵抗になって前輪に比べて早く回転が止まってしまいますよね 。

それに対してOnyxの機構はスプリングで押し付けている爪がないため抵抗がほとんどないのです。爪の代わりにスプラグクラッチと言うものが入っていてペダリングした時にみ内側の壁を押し付けてホイールを回転させ、ペダリングしていない時は壁から完全に離れるため抵抗がなくなると言った仕組みです。なのでその抵抗はベアリングの抵抗のみ。ベアリングのみの抵抗という事は前輪と同じくらい回るという事なんですね。

BMXレースでペダリングを止めてリズムセクションやジャンプセクションをこなして行く時に抵抗のないこのハブは減速する力が最小限に抑えられ進んで行くため、ライバルよりも前に出る事が出来るんです。BMXレースではより車輪が回転する様に極限まで抵抗を減らす方向でセッティングを出していくそうです。

実際に僕は初めてこのハブを使った時にふじてんのスキルパークをいつもの感覚で進入したら飛び過ぎてフラット着地しました。バックサイドでのスピードの乗りが明らかに違います。そして斜度のない平坦な区間での速度の乗りも全然違います。よく転がりよく進むから乗っていて気持ちが良いですね。

またこのハブはペダルを踏み込んだ時にどの角度でもチェーンが掛かるのでペダリングの伝達効率が恐ろしいほど良いんです。36ノッチなどの 通常のハブであればわずかにスカッ!と空転する区間があるのですが、このハブはその空転区間がゼロなんです。他メーカーでもノッチ数の多い伝達効率が良いものはありますが、Onyxはそれらを凌ぐ程の最強ハブです。

ペダリングの伝達効率が良いという事はコーナーの立ち上がりでいち早く後輪を回す事が出来るので加速に繋げる事ができ、より素早くコーナーを抜ける事ができます。

またこれはカナダで実感したのですが、ラダーやロックセクションで超低速走行を余儀なくされた時に、どの角度でもペダリングが掛かるので漕ぎ足しが楽でバランスを崩しにくく安心感が生まれました。トレイルでの急なテクニカルな根っこの登り返しでも、減速したくなくてグッとペダリングする時に、漕げばすぐにトラクションが掛かるのでスルスル登ります。

それとサスペンションバイクに多くある特性のキックバックがダイレクトに脚に伝わるので、そのタイミングでしっかりと加重してやるとバイクが前に進む様な感覚があります。コーナー出口でペダリングをしなくても適切な加重と抜重をしてあげればより加速する感覚でズバンとバームを抜ける事が出来ます。

また他の特徴としてはノッチがないので無音なんです。普通「ジーー」というハブの音がしますがこのハブはとても静か。後ろに付かれても気付かないかもしれません。

初めは音がない事に違和感があるかな?と思いましたがすぐに慣れました。

音がないのでその分、路面からの音が聞こえてコーナリング中の路面を切り裂くタイヤの音やジャンプで踏み切った時のタイヤが路面を押し付ける音なんかが聞こえますね。動画なんかを撮って聞いてみるとさらに良くわかります。

そして最後にこのハブのセールスポイントはカラーバリエーションが豊富な事。ボディーを24種類から選べ、さらにアクスルキャップの色も選べるので自分オリジナルのハブが作れちゃいます。カラーが自由に選べると言う事はオーダーメードで作れちゃうと言う事です。注文してからの納期も早いので行きつけのショップさんに相談してみてください。

ちなみに世界のトップMTBライダーではCAM ZINKとKYLE STRAITが愛用しています。


僕の主観によるインプレですが最後にまとめると

・スプラグクラッチにより抵抗がなく転がりが良いのでとても良く進む
・コーナー出口でいち早く後輪を回転させる事が出来るので素早くコーナーを抜ける事ができる
・サスペンションバイク特有のキックバックの特性と相まって加重・抜重が上手くキマればバイクが前にドカンと進む
・無音のハブ
・どの角度でもトルクを掛けられるので超低速域でも安心感がある
・カラーバリエーションが豊富でアクスルとの組み合わせで自分好みの色を作れる
・高品質ハブ
・トップフリーライダーのCAM ZINKとKYLE STRAITも愛用し、意見がフィードバックされている

以上な感じになりました。これってメリット多すぎじゃありません?個人的には超オススメです。
高品質で高性能なハブは色々とありますが、ぜひOnyxハブをチョイスしてみてはいかがでしょうか!?
Img_1986
フロント。ブラックボディーにレッドアクスルをチョイスしました。

Fullsizeoutput_127a

一見普通のハブですが、この中にテクノロジーが詰まっています。

|

« 2019年 FOX FLOAT X2 | トップページ | MAGURAブレーキ »

コメント

黒赤かっこイイー!

オートマミッションのワンウェイベアリングと同じ構造ですかね?
焼付き防止で注油が必用になるんですかね?
ただ簡単な構造なのに、ありそうで、なかったハブですね!
今度近くで拝見させて下さい!

3連休行きたいけど天候が微妙ですね・・・

投稿: 外島 | 2018/09/13 20:54

詳しくはわかりませんがオートマミッションは通常のフリーと同じようなカム式かもしれないですね。
注油に関しては指定のグリスをオーバーホールごとに塗っておけば大丈夫ですよ。
ぜひ今度ふじてんにいらした時に声をかけてくださいね!

投稿: daiki | 2018/09/15 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70613/67158757

この記事へのトラックバック一覧です: Onyxハブのインプレッション:

« 2019年 FOX FLOAT X2 | トップページ | MAGURAブレーキ »